· 

【オンライン無料】第31回名古屋HRコミュニティ 『ティール組織と呼ばれて5年 〜組織改革への挑戦』

企業の内外、業界を問わず、採用や人材育成といった領域を問わず、HR関係で集まって、人事や人材開発について、そして経営について語り合いませんか?

 

名古屋HRコミュニティは、毎回ゲストをお招きして、学び、交流することを目指したHR系のオンライン交流会。
「名古屋」とありますが、名古屋以外の方も大歓迎です。
時代の大きな過渡期である現在、個人と組織が揺れています。
組織へのエンゲージメントの低下、ビジネスモデルの陳腐化、リモートワークの浸透など
今までの「当たり前」が大きく変化しており、現在は変化や変容の移行期と言っても良いでしょう。
個人が働く意識や環境が変化する現在、チームや組織のありたい姿が模索されています。
過去のような管理統制的組織ではない、新しい組織の形が必要なのは論を待たないでしょう。
6年前にフレデリックラルー氏による「ティール組織」が上梓され、5段階の組織モデルの中で、
「ティール」という新しい組織モデルが提唱されました。
この書籍は、人材開発や組織開発のみならず、経営課題としての「組織のあり方」「組織と個人との関係性」について
大きな議論を呼びましたし、多くの方によって考察がされてきました。
その結果、多くの組織において、組織そのものに対する本質的対話が促進されました。
しかし、その受容は「単なる理想論として処理」されたり「実践が伴う形」ではなかったりという一面があったように思えます。
そこで今回、「ティール組織」に日本企業で唯一掲載された
株式会社オズビジョンのCHRO取締役の松田光憲氏をお招きして、
ティール組織と呼ばれる前と呼ばれた後の5年間の変遷や組織マネジメントや人材育成についてお話し頂き、
より手触り感のある「ティール論」「ティールの受容」を促進するそんな時間にしていきたいと思います。
アジェンダ
・ティール組織とは何か(松田氏なりの解釈で)
・オズビジョンの直近の組織課題
・オズビジョンで取り組もうとしていること
松田光憲氏 経歴
1977年生まれ。千葉県船橋市出身。中小企業診断士。
MBA in Innovation Management 大学卒業後、システムエンジニアからスタートしたキャリアが、
上場準備を契機に管理部門へシフト。その後2社で2度のIPOを経験。
社会人大学院の修了に合わせて組織開発の実践の場を求め
『ティール組織』に日本企業で唯一紹介された株式会社オズビジョンに参画。
取締役COOを経て現在はCHROとして事業と組織の統合を推進。
趣味は組織と人に関する探求。
尊敬する人物は大門未知子。
第31回名古屋HRコミュニティ 概要
1.日時 
2022年8月25日(木)20時15分〜22時00分(出入り自由)
2.方法 オンライン
3.費用 0円
4.人数 ∞
5.当日の流れ(予定)
 ・20:30ー開会挨拶
 ・20:35ー松田さんご講演
 ・21:10ーブレイクアウトルームで感想共有
 ・21:25ー質疑応答
 ・21:40ーメンバーを変えてブレイクアウトルームで交流
 ・21:55ークロージング
 ・22:00閉会
 ・20分程度放課後タイム
6.参加資格 現役でHR(人事、人材開発)系の仕事をしている方。
ご不明な方は個別(info@catadori.com)にご相談ください。

メモ: * は入力必須項目です